診療について

 

診療について

基本理念・方針について

勤医協月寒ファミリークリニックは、2011年4月4日家庭医のクリニックとしてスタートしました。
月寒ファミリークリニックの基本理念・基本方針は以下の通りです。

<基本理念>
•病気だけではなく人を見ます。本人のみならず家族や地域にも目を向けた医療を行います。
•地域の保健・福祉・介護・医療の連携を大切にしてチーム医療に取り組みます。
•安心して暮らせる地域をめざし、憲法と平和、環境を守る取り組みをすすめます。
•地域に根ざし、無差別・平等の医療を実践します。

<基本方針>
1.年齢や性別、健康問題の種類に関わらずあらゆる健康問題に対応していきます。
2.予防接種などの予防活動に積極的に取り組みます。
3.訪問診療など地域へ出向く医療を行います。
4.専門科受診および検査が必要な方には、適切な病院、専門科を紹介します。

 

外来診療について

  1. 家庭医療では、日常的によくみられる病気・症状、健康問題の相談、予防医学的問題などに対して診療を行います。
  2. 小児から高齢者の方まで幅広い年齢、性別を問わず健康問題に対応します。
  3. 多様なニーズに応じ幅広く柔軟に対応し、専門診療が必要と判断した場合には各専門科にご紹介します。

どうぞお気軽にご相談下さい。

訪問診療について

様々な理由で外来通院が難しい方のお宅へ、定期的に医師、看護師が訪問し診療を行います。

対象:様々な障がいや病気などで外来通院が困難の方

内容:定期的に訪問して診療を行います。病院での検査などが必要な場合には病院を紹介します。最期まで自宅で過ごしたいというご希望の方は、自宅で穏やかに過ごせるよう在宅緩和ケアを行います。

 

予防接種について

ワクチンについて

一部ワクチンを除き、事前お電話は不要です。
A型肝炎ワクチン、ヒトパピローマウィルスワクチンの在庫を置いていませんので、事前にご連絡ください。
当日は「母子手帳」を必ず持参してください。問診票をお持ちの場合ご記入の上持参してください。
保険証をお持ちの場合持参をお願いします。

札幌市ではBCGは各区の保健センターで接種することとなっています。

定期接種で<無料>となる予防接種と対象の期間

 インフルエンザ菌b型(ヒブ) 生後2ヶ月~5歳未満まで
  小児肺炎球菌 生後2ヶ月〜5歳未満まで
 B型肝炎 生後2ヶ月~1歳未満まで
    4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)

(3種混合および不活化ポリオも)

    生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満まで 
 日本脳炎 1期:生後6ヶ月〜7歳6ヶ月未満まで

2期:9歳〜13歳未満まで

*平成21年10月1日以前に生まれた方は、特例がありますのでご相談ください

 MR(麻疹・風疹) 1期:1歳〜2歳未満

2期:小学校入学前(年長さん)の1年間

 水痘 1歳〜3歳未満
 ヒトパピローマウィルス 小学校6年生〜高校1年生に相当する年齢
 *おたふく 任意接種ですが1歳〜3歳未満の方に3000円の補助が出ます

 

任意接種と料金(定期接種ワクチンを期間外に接種するときも下記料金になります)

 インフルエンザ菌b型(Hib)     7,560円   小児用肺炎球菌      10,260円 
 ヒトパピローマーウィルス 16,200円   2種混合  2,800円 
 3種混合  4,400円   4種混合  11,880円 
 不活化ポリオ  9,300円   MR  8,700円 
 麻疹  4,400円   風疹  4,400円 
    ロタウィルス(ロタリックス) 14,000円   水痘  7,600円 
   おたふく 5,400円    A型肝炎 5,400円 
    B型肝炎  4,400円   破傷風  2,600円 
   日本脳炎 5,940円     

 

 

インフルエンザワクチンについて

2020年度のインフルエンザワクチン予防接種は、厚生労働省の通知により、

65歳以上の方は10月1日(木)開始65歳未満の方は10月26日(月)開始

を予定しております。

昨年同様予約制を廃止とし、先着順の接種となり、在庫が無くなり次第接種終了となります。

 

Q1 インフルエンザ予防接種は必要ですか?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。肺炎や中耳炎、副鼻腔炎や脳炎などを合併することがあります。

インフルエンザワクチンは、インフルエンザを発症する人を減らす効果があります。

 

Q2 予防接種を受ける時期はいつですか?

北海道では、インフルエンザは例年12月~3月頃に流行します。また、ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、毎年11月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。
なお、高齢者の方への助成期間は1月31日までです。

 

Q3 勤医協月寒ファミリークリニックでの料金はいくらですか?(2020年度の価格)

(1)札幌市にお住まいの高齢者の方は                                                                  1,400円(1回接種)

  対象は、札幌市内にお住いの接種日現在で満65歳以上(障害のある方は60歳以上)の方

  上記の65歳以上で生活保護・市民税非課税の方              1,400円が免除されます。

  免除のためには確認の書類が必要です。生活保護の場合は、受給証明書など。
非課税世帯の場合は、「介護保険料納入通知書」、または後期高齢者医療限度額適用・標準負担  額減額認定証など。

(2)65歳未満の方(子ども含む)                                                                         2,000円(税込)

 

 Q4 予防接種を受けるにはどうしたらよいですか?

2020年度のインフルエンザワクチン予防接種は、厚生労働省の通知により、

65歳以上の方は10月1日(木)開始65歳未満の方は10月26日(月)開始

を予定しております。

昨年同様予約制を廃止とし、先着順の接種となり、在庫が無くなり次第接種終了となります。

受付時間内に直接クリニックへお越しください。お電話等による予約はできませんのでご承知おきください。

先着順の接種となり在庫がなくなり次第接種終了となるため、時期によっては接種出来ない可能性があります。
2回接種を希望される場合においても、2回目の接種ができない場合もあります。ご了承ください。

火曜日と木曜日の15:30~16:30の時間でワクチン専門外来を実施します。ワクチン専門外来ではインフルエンザ以外のワクチンも接種可能です。ワクチン専門外来のためワクチン以外の診療やお薬の処方はできませんのでご了承ください。

 

高齢者肺炎球菌ワクチンについて

札幌市では2014年10月より、高齢者の肺炎球菌ワクチンが定期接種の対象になりました。

 

Q1 高齢者用肺炎球菌ワクチンは必要ですか?

 肺炎球菌は多くの感染症を引き起こす細菌です。主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛び散って感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻やのどの奥にこの菌が住みついているとされます。
肺炎球菌ワクチンの接種は、これらの菌による重い感染症を予防するために現時点でできる最善の方法になっており、アメリカでも65歳以上の方には接種がすすめられているワクチンです。

 

Q2 予防接種の対象者は?

(1) 2020年4月2日から2021年4月1日の期間中に、以下の年齢になった(なる)方
65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳 101歳以上

(2) 60歳~64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害がある方

 

Q3 高齢者用肺炎球菌ワクチンの料金はいくらですか?

(1)札幌市にお住まいの高齢者の方は                                                    4,400円

(2) (1)の方の中で生活保護・市民税非課税の方                        無料です。
確認の書類が必要です。生活保護の場合は、受給証明書など。非課税世帯の場合は、「介護保険料納入通知書」、または標準負担額減額認定証など。

 

Q4 予防接種を受けるにはどうしたらよいですか?

 2019年3月より予約は不要です。直接クリニックにお越しください。

 

健診について

月寒ファミリークリニックでは、健診を実施しています。

•特定健診

•企業検診

•就職に関わる個人健診

など皆様のニーズに合わせた健診を準備しています。

 

全館禁煙のご案内

当院は皆様の健康を支える医療機関として、院内全域及び、クリニック敷地内での全面禁煙を実施しております。
趣旨をご理解のうえ、皆様のご協力をお願いいたします

院内での携帯電話のご利用について

院内での通話はご遠慮ください。
周囲の方へご配慮頂き、マナーを守ってご使用ください。