低侵襲の治療が可能に 人工関節手術 人工関節手術

傷んだ関節を金属やセラミックなどで作られた「人工関節」に置き換える人工関節手術は、股関節や膝関節だけではなく、全身の関節に適応が拡大しています。また、人工関節の機能や手術方法の進歩により、身体に負担の少ない低侵襲な治療が可能になりました。

骨折予防・QOL(生活の質)向上へと手術適応を拡大

リウマチ性や変形性の関節症に対応する人工関節は近年になり器具や手術法が飛躍的に進化しました。最小侵襲手術の手技も確立され、治療成績が向上しています。当院では術式に腱や筋肉を温存できるMIS法を採用し、術後の痛み低減や筋力の早期回復を可能にしました。

膝や股関節の人工関節手術の適応基準も「歩行困難」から「骨折予防やQOL(生活の質)の向上」に変わりました。手術を受けた患者さんの中には、ダンスやゴルフ、旅行などを楽しまれている方も少なくありません。

人工関節置換術のイメージ

疾患のある膝関節


骨の損傷面を取り除く


代わりの人工関節を固定

 

 

 

 

 

勤医協中央病院では
最新の手術方法MIS法を導入しています

従来法では十分な視野を確保するために15~20㎝程度の皮膚切開が必要でしたが、MIS 法では10㎝前後で、腱や筋肉を全く切らないか、最小限にとどめることができます。 また、関節を動かすための筋肉が温存されるため、手術翌日から本格的なリハビリテーションを開始できます。 当院では急性期に十分なリハビリテーションを実施するため、2、3週間は入院加療します。入院期間は、DPC病院平均値よりも短くなっています。

人工股関節置換術

人工股関節置換術


人工膝関節置換術

人工膝関節置換術

勤医協中央病院整形外科 整形外科

整形外科 副院長 堺 慎、科長 柴田 定
運動器・リウマチセンターセンター長 大川 匡

検査のご案内

勤医協中央病院で検査を受けることができます。ご希望される⽅は、主治医や看護師にお伝えください。